ケリーケトル|Kelly Kettle

2015年11月15日(日曜日)

 ここ2~3年、迷っていましたが遂に購入しました。イギリス生まれの「ケリーケトル」。1.2リットル・ステンレス製のもので1万円しましたが、それだけの価値はあると思います。
_IGP5393_k_1
 ちなみに、0.6リットル、1.2リットル、1.6リットルの容量のものがあり、更に「アルミ」か「ステンレス」かに分かれます。人生で初めて自分で「やかん」を購入した訳です。こちらがケリーケトルの原理。
_IGP5424
 これが今回の燃料となる「まつぼっくり」で、昨日拾ってきて乾かしておきました。自然の固形燃料です。通常は3~4個で十分にお湯が出来るそうです。
_IGP5391_k_1
 ファイヤーベースに「まつぼっくり」5個をセットしました。
_IGP5394_k_1
 点火! ライターで簡単に火が付きます。「まつぼっくり」はカロリーが高いし着火しやすく良い素材です。松脂だけはやっかいで掃除が必要ですが。
_IGP5395_k_1
 ケトルの中央から勢いよく火柱が上がってきます。これはお湯が出来るのも早そうですね。
_IGP5402_k_1
 あっという間に熱々のお湯です。大人はコーヒーを、子ども達はココアを飲みました。
 注ぐときにちょっとコツが要るようですが、何でも物は使い様です。火傷にはご注意を。
_IGP5419_k_1
 メインテナンスも比較的容易。アウトドアを楽しむ以外に、災害時にも使えます。
_IGP5422_k_1
_IGP5403
 いいんじゃないでしょうか、ケリーケトル。
 「なんか使ってみたい!」という近所の方には、お貸し出来ますのでご連絡下さい。

 ※ 加熱する際はフタを外すとの事でした。ポンッ!とフタが飛ぶと悪いので。
 


コメントはクローズされています。