雪の中の「おんがわら公園」

2012年1月14日(土曜日)

ふと、帰り道に立ち寄ってみる。 むかし、成り行きから私がコーディネーターを務め、住民参加でアイディアを出し合いながら設計した公園。

今はもちろん、雪。 なつかしい。 今では立派な新興住宅街になった。 日頃の利用を見る機会は無いが、皆さんは、満足されているのだろうか。

当時の都市整備課から、「時間は無いが、今のままでは・・・」と相談があり、3回のワークショップで、これから住む予定の人、以前から住んでいる人・行政側・組合側との合意を形成しながら、最大限の要望を盛り込んで、でも最後に綺麗にまとまった、おんがわら公園。
いきなり、私のような者が現れて、住み慣れた訳でもない地域の中に入って作業するのは、人の繋がりや信頼関係などの面から、難しい事でもあった。

庄内NPOセンターが移転を余儀なくされた経過の中で、覚岸寺の水上公園作りのワーキングは継続できず、申し訳ない思いと心残りがあったが、これも先日立ち寄ったところ、ベンチや並木が整備されていた。

・・・って、なんか本来の石塚家らしからぬブログだ(笑)


コメントはクローズされています。