RICOH THETA S で撮る世界

2016年1月30日(土曜日)

 初めてギャラリーを見て感動した勢いで購入してみました。360度、その場の瞬間を収める全天球カメラです。
 近年はペンタックスユーザーなので、RICOHさんも親近感があります。3年保証込みで約40,000円でした。
 
thetas
 
 さっそく撮影してみました。鶴岡市三瀬の八森山の山中。森の中の写真です。写した画像はこんな感じ。
 これだけでは、よく解りませんよね。
 
2016.01.30_214
 
 が、公式サイトにアップして埋め込みしたのがこちら。 パソコンでご覧になっている方は、マウスで操作してみて下さい。
 タブレットなどの人はスワイプ、ズーム操作で。 スマートフォンでは、上手く操作できないという方もいるようですが。
 

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 
 周囲、上下、ほぼ360度を見ることが出来ますよね?
 
 今度は、こちらが、THETA S で撮ったスノーモビルの走行映像です。パパは3番目に乗ってます。
 一時停止して色んな方角をみたり出来ます。
 YouTube にアップした際に画質が落ちてますが、森の中を走る時の映像、これまたいい感じです。
 

 
 360度が写るために、基本的に自分も映り込みますが、一脚や三脚で固定して、自分は物陰に隠れてからWifiでシャッター、また、META情報を消さないようにフォトショップで加工する事も出来るようです。 これを使って、また1つ楽しい発信が出来そうです。

 おまけに、近所の居酒屋さんで撮影した写真。イベント、誕生会やパーティーなどで使ってみるのも楽しいです。
 

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 
 使い方は簡単。今回も全てフルオートで撮影しています。星空の撮影などではマニュアルを使うと思いますが、次回のヴァージョンでは、画質の向上も去ることながら、きっと待望の防塵・防滴機能も加わるのではないかと期待しています。全天球カメラ、これは使えますね。
 ただ、人によっては気持ち悪くなる、酔ってしまう方もいるようなので、ちょっと注意です(苦笑)
 


コメントはクローズされています。