鶴岡アートフォーラム「ぼうけんやろう」


この夏、初アートフォーラム。 市民交流プログラム「ぼうけんやろう」展。 彫刻作品ですが、たぶん普通にイメージする彫刻とは違います。

最終的にこれが目当てだとしても、子ども達も興味津々の作品内容でした。 パパも引っ掛かりました(謎)

「意味わかんない」という人も居るかも知れません。
別にいいでしょう。 でも観ないと「意味わかんない」という事が解らないのです。
でも「意味わかんない」と言ってしまった人も、何を思って、考えて、感じて、何の意味が解らないのか、振り返ってみてはどうでしょうか。 作品についてでも、作家についてでも良いと思います。 自分の価値観や思考、世の中について何かちょっとしたヒントがあるかも知れません。 比較的、静かな、非日常の中で、何か気付きがあるのでは? まぁ、鶴岡アートフォーラムの特別展に関しては、常に会場内に監視(ないし看視)の方もいるので、気軽に素直に聞いてみるのも面白いかも知れません(笑) あくまで個人的な提案です。