鼠ヶ関の鮨「朝日屋」

2012年5月5日(土曜日)

新潟からの帰りに晩ごはん。 鼠ヶ関の「朝日屋」さんです。 出前では何度か食べた事はあるのですが、お店に行くのは初めて。今回は、鼠ヶ関自治会の五十嵐一彦さんから、わざわざ予約を取って頂きました。 港の目の前、いいですね。

評判上々で、予約なしでは、中々入れないとの事。 これまでノーチェックでした。 であればこそ、今回は何としても行ってみたかったのです。

お店に入ると、凄く威勢のよい 「いぃぃぃぃらっしゃぁぁいませぇぇぇぇぇっっっっっっ!!!!!」  ・・・気合が半端ない。
それに、スシバー? ・・・確かにBGMがバーっぽいか(笑)

子ども達は、お子様ランチと鉄火巻。

鉄火巻も、マグロがはみ出ます。 子ども達も大満足。

ママ、「丼も食べたいけど、握りも食べてみたい。」と2人前注文? 丼がこちら。 「関所」と書いてありました。 これで一般的にいう「並」または「松」
このボリューム、凄いお得感がありますね。

パパ、ビールから日本酒にしようかと思ったら、「一彦さんからです。」 と! お心遣い、ありがとうございます!
・・・博さんにも行くって言っておけば良かったかなぁ(笑)

パパ、「地魚中心の握りセット」です。 左の3種は、既に塩がついているので、そのまま食べて欲しいとの事。

ママの握りも来ました。 シャリの酢加減は、けっこう抑え目ですね。 魚は勿論、すぐ目の前が漁港。 獲れたところを、先に一番良いものを選べるのが利点でしょうね。 レベルは高いです。 確かに、美味いです。

ネタの大きさも一回りデカい。 シャリの口解けは、「これまで平均」より、ちょっとカタいかも知れません。

寿司屋さんの、勝手な楽しみ方の1つ。 一度はやる玉子比べ。 これも家族全員、納得です。 玉子も超おすすめ。

あ~、満喫中。 至福のひと時。 ママ「食べ過ぎ。しばらく寿司は食べなくていい。」 そりゃパパ以上に食べてますから(笑)

いやぁ、堪能しました。 びっくりしました。 目指せ!寿司界の「アルケッチァーノ」(爆)

「ひろと、一番美味しかったお寿しは何?」
「イチゴあいしゅくり~む!!」
「・・・違うでしょ(笑)」

 
最後の御会計も、あれれ!? 安い!? 恐るべし!!! 鶴岡市 鼠ヶ関!!!
 
 



コメントはクローズされています。